診療の流れ

お電話にて治療の予約を取っていただきます。

予約日に来院。

予約表に記入していただきます。(書くのが困難な場合はスタッフが代筆します。)

問診室で詳しい病状を聴かせていただきます。

治療室にて、どの経絡で気の過不足を起こしているのかを診察します。

この際に、脈やお腹や舌を診察します。これを体表観察といいます。東洋医学独自の診察法です。

先に聴かせていただいた問診内容と体表観察から得られた所見を総合的に判断して、お悩みの病気や症状の原因をつきとめます。

診断結果に基づいて、あなたに最も必要なツボを決定し、そのツボに痛くない鍼(はり)と熱くないお灸(きゅう)治療を行います。

治療後、病の原因、治療方針、予後を説明し、治療計画を相談させていただきます。

最後に、次回の治療日の予約をお取りいただきます。

一緒に治していきましょう。